0%

音声をONにしてお楽しみください。

おいしい家族

実家に帰ると、父が母になっていました。

フツーとかジョーシキとか会社のデスクにおいてきた。

小説版『おいしい家族』ふくだももこ・著(集英社刊)9.26発売! 主題歌yonige「みたいなこと」Music Video完成!視聴する おトクに味わう♪おいしいコラボ 実施中(級大)詳しくはこちら→

全州国際映画祭 沖縄国際映画祭 上海国際映画祭 愛媛国際映画祭 くまもと復興映画祭 アウトシャイン映画祭 ギンマク日本映画祭 カメラジャパン・フェスティバル ウィーン日本映画祭 オーストラリア日本映画祭

大ヒット上映中!

松本穂香 笠松 将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁 俊太郎 浜野謙太/板尾創路 監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之 主題歌 yonige「みたいなこと」(unBORDE/Warner Music Japan)

イントロダクション

やさしさをひとふり、愛をひとさじ。それがわが家のかくし味

監督のふくだももこは、第40回すばる文学賞佳作を受賞、ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに選出されるなど、映像と文学の両フィールドでの活躍が期待される新鋭。人も気候も穏やかな島を舞台に性別も国籍も越えて、好きなものを好きといえる世界を、おいしく、たのしく、カラフルに描きだした。
出演陣は、ドラマ「この世界の片隅に」の主役すず役で注目を集め、さらなる飛躍が期待される松本穂香が主人公・橙花に抜擢。亡き妻の服を着て生活する橙花の父・青治役に板尾創路、そしてどこかにくめないお調子者の居候・和生を浜野謙太が好演。 さらに、伊丹十三監督作品を長年手掛けてきた本多俊之(『マルサの女』)の軽快な音楽が、本作に彩りを添えた。

ストーリー

銀座で働く橙花は、夫と別居中。
仕事もうまくいかず都会での生活に疲れ気味。
ちょうど母の三回忌を迎え、
船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。
すると、実家では父が、亡き母の服を着て
おいしいごはんを作ってまっていた!
唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、
見知らぬ居候が登場。
それはお調子者の中年男・和生と
生意気な女子高生・ダリア。

「父さん、みんなで家族になろうと思う」
突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、
一切気にも留めない様子の弟・翠が加わり、
みんなで食卓を囲む羽目に…。
みんなちがってそれでいい。
のびのびと過ごす島の人々と、
橙花の暮らしがはじまった。

スタッフ

監督・脚本:ふくだももこ

1991 年 8 月 4 日生まれ、大阪府出身。監督、脚本を務めた卒業制作「グッバイ・マーザー」(13)がゆうばり国際映画祭 2014、第六回下北沢映画祭、湖畔の映画祭に入選。同年、映像産業振興機構(VIPO)による若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)2015 に選出され、注目を集める。2016 年には執筆活動も開始し、すばる文学賞佳作を 25 歳にして受賞し小説家デビュー。ほか山戸結希企画・プロデュース映画『21 世紀の女の子』(19)、ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」(ABC/18)にて監督を務めるなど映像、文学の両フィールドでその才能を如何なく発揮する新鋭作家。

コメント

  • 人間の美しさではなく、人間の歪さを肯定する作品です。

    西 加奈子(小説家)

  • 父さん、母さんになるって、もう大歓迎! 今の世、男だ女だ言う以前に、人のことを我がことのように考えられる想像力が必要なのよ。ちょっと優しい気持ちになれるはずよ。

    よしひろまさみち(映画ライター)

  • 家族があり、暮らしがあり、おいしさがある。そのすべてがうらやましい。そのすべてにうそがないからだ。

    松浦弥太郎(エッセイスト)

  • なりたい自分でいられる社会。
    好きなものを好きといえる世界。
    映画の中に理想郷がありました。
    食べて、笑って、ケンカして、ときどき泣いて。
    家族っていいなぁ。人間っていいなぁ。

    伏原健之(映画監督『人生フルーツ』)

  • 「周囲と同じでなくてもいいんだよ」という思慮は、社会に対して斜に構えたり、周囲に馴染もうとしない姿を肯定する事と、微妙にイコールではないという本質を知る。

    松崎健夫(映画評論家)

  • ぐっとくるセリフが要所に発せられ、パラダイスな環境と奥深いテーマを繋いでいく。カラフルな世界と素敵な言葉。映像と文字のおいしいハーモニーだ。

    矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

  • 板尾さんのワンピース姿が切なくて愛おしく見えてくる。ふくだももこ監督にしかできない斬新な演出もやっぱり面白い。泣いて笑って泣いた!

    黒川芽以(女優)

  • 食卓を挟み、目尻をさげながらおいしいね。それ以上も以下もいらない。形なんて、見栄えなんて、どうでもいいじゃない。たべものの味は、思い出に優しく色を添える。

    村田倫子(モデル)

  • おいしそうでかわいくてあったかい映画でした。新しいこと、新しくなったこと、自分にとってのそれらを受け入れた時、新しい幸せが見つかる気がしました。

    伊藤沙莉(俳優)

  • 去年、亡くなった僕の祖母
    今でも、あの日のカレーの味が忘れられなくて
    それは紛れもなく愛の味で
    僕たちはいつだって食から愛を蓄えては
    また今日も愛してくれた人への
    想いを育み生きていく

    木口健太(俳優)

  • ふくだももこ監督が描く理想郷では、爆発寸前の火種が常にくすぶっている。
    理想郷を構築するゴールではなく、そこからすらこぼれ落ちそうな人物へと向けられる監督の愛情深い視線に、感動を覚えました。

    安川有果(映画監督)

  • 女装の板尾さんに、松本穂香のヒロイン同様ギョッとしながらも、やがてふくだももこが目指す“ユートピア”へと誘われる。監督初長編にして、お見事!

    松崎まこと(映画活動家/放送作家)

  • ジェンダーやセクシャリティの新たなる切り口。なるほど、これが“21世紀の女の子”監督か。いつもは変態の、板尾創路の女装が、なぜか愛しきアラ不思議。見ると、おはぎ食べたくなる映画。

    塩田時敏(映画評論家/ゆうばりファンタ プログラマー)

  • 人と違う事を認めるのは簡単なようで難しい事。面と向かって話し合い、お互いの考えを受け入れる寛容な心を持つ大切さを再認識させられました。

    永井秀幸(鉛筆画家/3Dアーティスト)

  • 理由よりも大事なことがある。それをちゃんと大事にすること。観おわった時には、こちらも、理由のわからないまま、ちゃんとこの家族たちを大事に思える。

    滝口悠生(小説家)

  • 森泉岳土(マンガ家)

  • ふくだ監督はその思いやりによって、誰一人取りこぼすことなく幸福に導こうとしているように思う。もしそうなら私も一緒に信じたいと思う。

    おくやまゆか(マンガ家)

  • オカヤイヅミ(漫画家・イラストレーター)

  • この島の人たちはそれぞれの色を持っていて、他者に合わせて塗り重ねることもなく自分の色そのままでいる。
    君のその色いいねって。カラフルな幸福を見ました。

    飯田エリカ(少女写真家)

※敬称略・順不同