0%

おいしい家族

2019年秋全国公開

松本穂香/浜野謙太/板尾創路/監督・脚本:ふくだももこ/音楽:本多俊之

要チェック!

監督

Official SNS

COMMENT

松本穂香

主演のオファーを受けて

主演のお話を受けて、経験もほとんどない私が主演で大丈夫かな?と撮影前は不安な気持ちがありましたが、監督やスタッフさん達と話をして作品と向き合っているうちに、みんなでいい物を作ろうという気持ちに変わっていました。

脚本を読んで

1ページ、2ページ、気付けばあっという間に読み終えていました。
この世界に自分が行けるんだ、この役を演じられるんだ、とワクワクソワソワしたのを覚えています。

出来上がった作品を見て

ふくだ監督は、これは愛の映画だと伝えてくれました。
キャストだけでなく、監督、スタッフさん達、この映画に関わった全ての人の愛がつまっている映画です。
皆さんにも、自分が思う愛と重ね合わせて、観て頂きたいです。

PROFILE

1997年2月5日生まれ、大阪府出身。主演短編映画「MY NAME」(15)で俳優デビュー。連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK/17)、「この世界の片隅に」(TBS/18)主演、CM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズ、JR SKISKI 2018-19メインキャストを務める。2018年には時代を象徴する女性として第14回「VOGUE JAPAN Women of the Year」を受賞。主な出演作に『恋は雨上がりのように』(18)、『世界でいちばん長い写真』(18)、『チワワちゃん』(19)、『君は月夜に光り輝く』(19)など。

板尾創路

前作『父の結婚』に続き2度目のふくだももこ作品への出演について

前回の短編の時はフイルム撮影という事もあったので監督のカットかけるのが早かったが、今回は長かったし、酒も強くなってたし、美人になってた。短編の『父の結婚』はショートケーキで、長編はバースデーケーキの様で、みんなに味わって欲しいと思える、おいしい映画になりましたとさ。

出来上がった作品を見て

風景があり、町があり、そこに人が居て、そしてドラマがある…
映画の王道を捉えつつ、監督の理想郷アイランドを表現していて、家族や友人の事がまた好きになる作品です。その島に行ってみたくなったり、劇中の料理を食べたくなったりする経済効果も生んでしまったりしてる事に気付いているのは私だけでしょうか?

PROFILE

1963年7月18日生まれ、大阪府出身。86年にお笑いコンビ「130R」を結成後、芸人、俳優、映画監督としてマルチに活躍。『板尾創路の脱獄王』(10)で監督デビュー、『月光ノ仮面』(12)は第35回モントリオール映画祭に正式出品され、話題作『火花』(17)の監督・脚本を務めた。主な出演作に『空気人形』(09)、『地獄でなぜ悪い』(13)、『あさひるばん』(13)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15)、『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』(18)など。

浜野謙太

脚本を読んで

和生はある意味、かき混ぜる存在なので真意はどこにあるのだろう?と思いながら読み進めましたが、かき混ぜた状態自体が愉快で幸せで。愛はかたちではなくて、感じればいいのだなと思いました。

出来上がった作品を見て

若い面々のパワーが弾けてる作品になっています。松本さんを筆頭に若く素晴らしい俳優の方々がたくさん、そしてももこさん。おっちゃん照れてしまうくらいのとこもありましたが、激しく弾けてるから感動するんです。

PROFILE

1981年8月5日生まれ、神奈川県出身。バンド「在日ファンク」のボーカル兼リーダー。2006年に俳優デビュー後、数々の映画やドラマに出演。映画『婚前特急』(11)で第33回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞を受賞。主な出演作に『武士の献立』(13)、『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』(16)、『笑う招き猫』(17)、『東京喰種 トーキョーグール』(17)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『雪の華』(19)など。

笠松 将

様々なカタチの愛を1つ作品で体感できる温かくて美味しい映画だと感じました。人と違うことに悩む方には、「全然普通だよ」って。自分が特別じゃないと悩む方には、「あなたは特別だよ」って教えてくれるような作品だと思いました。

松本穂香さんと軽食を買いに行ったり、板尾創路さんと温泉に行ったり、ハマケンとバーでカラオケしたり、モトーラ世理奈さんと星を見たり、三河悠冴くんとソフトクリームを食べたり、栁俊太郎さんと熱い話をしたり、監督と下ネタを言い合ったり、最高の島生活でした。

PROFILE

1992年11月4日生まれ、愛知県出身。2013年に俳優デビュー。主な出演作に、映画『デメキン』『リベンジgirl』(17)、『さかな』『このまちで暮らせば』『響-HIBIKI-』(18)、『デイアンドナイト』『ラ』(19)、ドラマ「プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~」(WOWOW/17)、「ウチの夫は仕事ができない」(NTV/17)、「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした」(CX/18)、「今日、帰ります。」(WOWOW/19)、「平成物語 なんでもないけれど、かけがえのない瞬間」(CX/19)、「恋より好きじゃ、ダメですか?」(RCC/19)など。

モトーラ世理奈

この作品を通して、家族のあり方なんて関係ない、愛があればなんでも良いんだなって思いました。小さな島に住む大きな家族のあたたかさに心が解放されたような気持ちになりました。自分の本当に大切なものに気付き、もう一度大事にすることで、心が軽くなり前に進めるようになる、その素晴らしさを教えてもらいました。

まだ未熟者の私が素敵な作品の1人として参加できたことがとても嬉しかったです。撮影初日、新島に着いたその日から家族で食卓を囲むシーンでとても緊張したのですが、板尾さん、ハマケンさん、監督がとても暖かな雰囲気を作ってくださって撮影期間の新島での日々はとても楽しかったです。島の方々とも顔見知りになり、新島は、また帰りたいと思える場所になりました。

PROFILE

1998年10月9日生まれ、東京都出身。2015年「装苑」でモデルデビュー、専属モデルを務める。2016年RADWIMPSのアルバムジャケット「人間開花」のCDジャケットに起用され注目を集める。2018年『少女邂逅』で初出演・初主演で映画デビュー。主な出演作に映画『21世紀の女の子〜out of fashion』『恋恋豆花』(19)、ドラマ「透明なゆりかご」(NHK/18)、「レ・ミゼラブル」(CX/19)など。

三河悠冴

初めて脚本を読んだ時、愛と家族の描かれ方に魅了され、一気に読みきってしまいました。現場に入り「瀧」の目を通してみた景色は忘れられません。僕が感じた透明な気持ちを観て下さった方が感じてくれたら嬉しいです。

新島での撮影だったのですが、皆さん温かくて、空気もご飯も美味しくて、緊張感と幸福感が現場に漂い最高の日々を過ごしました。浜野さんとは温泉にも行かしていただきました!ふくだ監督は、優しいです。映画を丸ごと包み込む大きな優しさを持っている人だと思います。素晴らしいキャストの中に自分が存在出来たこと、本当に感謝しています。公開が楽しみです。

PROFILE

1994年2月2日生まれ、千葉県出身。2012年に俳優デビューし、映画作品を中心にテレビドラマ、CM、舞台など多岐な分野に渡って出演。近年の主な出演作に映画『悪の教典』(12)、『青春の磁場』(14)、『暗殺教室』(15)、『俳優・亀岡拓次』『暗殺教室 卒業編』『秘密 THE TOP SECRET』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、『帝一の國』(17)、『高崎グラフィティ。』(18)など。

栁 俊太郎

この度エビオ役を演じさせて頂きました、栁俊太郎です。自分は2日間という短い期間での撮影でしたが、遅れて新島に着いたときにはスタッフと他の出演者の方々がとてもリラックスしながら和気あいあいと撮影していて、とてもチームワークの良い現場だなと感じました。

撮影終わりに温泉に入ったり居酒屋で飲み明かしたのもとてもいい思い出です。作品としては個性的な役柄がたくさんいて、とても面白い家族の描き方をしていてユーモア溢れる作品となっていると思います。

PROFILE

1991年5月16日生まれ、宮城県出身。2009年に「MEN'S NON-NO」モデルグランプリを受賞してモデルデビュー。主な出演作は、『箱入り息子の恋』(13)、『クローズEXPLODE』(14)、『3泊4日、5時の鐘』『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)、『雨女』(16)、『東京喰種トーキョーグール』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』『勝手にふるえてろ』(17)、『チェリーボーイズ』(18)、『LAPSE-SIN-』(19)など。

監督・脚本:ふくだももこ

公開を受けて

自分の撮った短編映画が長編映画として公開されるなんて、めっちゃラッキー!!!
信頼し、尊敬するスタッフ・キャストのおかげですべての作業が最高に楽しかったです!はやく色んな人に観てもらいたい!

本作について

思想のある映画が好きです。
この映画では、小さな島のひとつの家族を通して、私の考えるユートピアを描こうと決めていました。
どんな姿でも、何になりたくても、誰を好きでも、なんでもええやんって。
必要なことは、自分を大切にして、人にやさしくすることだと思っています。
たったそれだけのことがむずかしい世界ですが、これからも信じて映画をつくっていきたいです。

PROFILE

1991年8月4日生まれ、大阪府出身。監督、脚本を務めた卒業制作「グッバイ・マーザー」(13)がゆうばり国際映画祭2014、第六回下北沢映画祭、湖畔の映画祭に入選。同年、映像産業振興機構(VIPO)による若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)2015に選出され、注目を集める。2016年には執筆活動も開始し、すばる文学賞を25歳にして受賞し小説家デビュー。ほか山戸結希企画・プロデュース映画『21世紀の女の子』(19)、ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」(ABC/18)にて監督を務めるなど映像、文学の両フィールドでその才能を如何なく発揮する新鋭作家。