【呪術廻戦】吉野順平の年齢、身長は?生き返る可能性はある?

最近、巷で話題となっている『呪術廻戦』。

マンガ版も佳境に入り、アニメ化や映画化もされて、ますます評価が高くなっていっています。

今回は、呪術廻戦の中でも異色ともいえるキャラクター「吉野順平」について調査・考察をしていきたいと思います。

吉野順平は、ある日映画館で自分をいじめていた同級生が●される場面を見てしまいます。

その時の犯人(?)は真人(まひと)でしたが、普通の人間では見えないはずの真人(まひと)を視認できたことで、真人(まひと)にスカウトされ、訓練を受けて式神を操れるようになります。

普通は片鱗を見せたら、調査を経てからのスカウトですが・・・

この点、呪術師側のスカウトは戦力補充という意味合いが強いのですが(というよりかは戦力補充以外はない)、真人からのスカウトというのは、「捨て駒」的な扱いのために真人からスカウトされます。

真人の訓練も呪術高専とは違い「力のコントロール」ということは行わず、力を出し切る訓練の仕方をします。

この時に習得した術式が、「毒」を操ることができるクラゲの式神・「澱月(おりづき)」を媒介に毒を分泌して攻撃する術式です。

このことからも少し変わった登場の仕方をしていると思います。

目次

吉野順平の年齢は?

少し変わった登場の仕方をしている吉野順平ですが、呪術高専に入っていませんので、年齢が分かりづらいです。

さらに初出の時に制服をきていなかったのでわかりづらいというのがあります。

この点、学校でのいじめによる不登校やさぼりという単語や高校2年という単語から17歳ということが推測できます。

吉野順平の身長は?

この点、虎杖 悠仁との2ショットの描写などから推測することができます。

虎杖 悠仁の身長はマンガの中での台詞等はありませんが、集英社から刊行されている「呪術廻戦 公式ファンブック」に記載がありました。

それによると虎杖 悠仁の身長は173㎝であるとの記載がありました。

このことから、虎杖 悠仁との2ショットの描写にからすると、少し小さいぐらいですので170㎝前後だと推測できると思います。

吉野順平は生き返る可能性はある?

ある日、順平の母親は呪霊に襲われて死亡してしまいます。

実は、これ真人と夏油傑(げとうすぐる)の策略です。

しかし、真人の囁きにより、殺害したのは里桜高校の人間だと順平は思いこむようになります。

乗り込んだ吉野順平は、いじめっ子の主犯格・伊藤を捕まえて、術式を使って尋問します。

その尋問の最中に虎杖悠仁が駆け付け、吉野順平と戦いを繰り広げます。

ただ、この戦いで吉野順平は死亡するわけではありません。

吉野順平はこの前に「グニィ」と魂の形ごと真人に肉体を改造されていました。

吉野順平の死亡の理由は乱暴な改造の影響だったのです。

ただ、ネット上では・・・・・

騙されて改造され、あまりにも悲惨な最後であることから生き返りを待望する声が多いようです。

残念ながら、「実は生きてる」という展開は厳しそうです。

「一度改造された人間はまず助からない」と呪術高専の医師・家入硝子(いえいりしょうこ)はこのように言っていますし、

また真人も「魂の形は反転術式の類でどうこうなるものではない」とも言っていますので、この台詞からすると間違いないと思います。

では、虎杖悠仁の内面にある両面宿儺ではどうか?

このとき、両面宿儺は虎杖悠仁の頼みを断っています。

そもそも、両面宿儺に治すことができたかは疑問です。

後に、それを裏付けるように特級呪霊の漏瑚(じょうご)が「宿儺はあのとき縛りを作れなかったのだ」と発言しています。

このことからも両面宿儺でも吉野順平を治すことはできなかった思えます。

さらには、集英社から刊行されている『呪術廻戦 公式ファンブック』にも「享年」と書かれていることからも、吉野順平の生き返りの可能性は低そうです。

まとめ

今回は、吉野順平についてお話しをしてきました。

吉野順平は一般の高校に通う高校2年生で、身長は170㎝前後。

術式は、「毒」を操ることができるクラゲの式神・「澱月(おりづき)」を媒介に毒を分泌して攻撃する術式を扱うことができます。

吉野順平は、あまりにも救いようがない悲惨な最期を迎えますが、反転術式によっても生き返らせることができませんでした。

そして、呪術高専とは違い、「捨て駒」になるべく真人にスカウトされたという少し変わった登場をしたキャラクターでした。

「捨て駒」になるべくスカウトされたというのも、救いようがなく可哀そうなキャラクターだと思いますが、そういうキャラクターの存在がストーリーに彩りを付加していくということで必要なキャラクターと言えるかもしれませんね。

今回も最後もお付き合いくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる