【呪術廻戦】東堂葵が涙もろい理由は?泣いているのは術式が原因?

最近、巷で話題の『呪術廻戦』。

ダークな世界観と激熱なバトルで人気を博しています。

呪霊と呪術師との戦いが描かれている呪術廻戦は、5000万部の累計発行部数を記録している漫画です。

今回は、キャラクター人気投票でも必ずといっていいほど上位に入ってくる「東堂 葵」についてお話し調査・考察をしていきたいと思います。

目次

東堂葵とは・・・・

・京都府立呪術高等専門学校(呪術高専京都校)三年

・1級呪術師

・18歳

・身長:190㎝超

・外見的特徴:ドレッドヘア、強面、筋骨隆々、額から左頬にかけて傷がある

・近接戦闘が得意ではあるが、呪術も強力なものがあり、観察眼・分析力に優れる

・推しているアイドルは「高田ちゃん」

・好みの女性は、背が高くて、お尻が大きい女性

こういった人物像でもある東堂 葵ですが、物語中に1回だけ涙を流すシーンがあります。

1回だけではありますが、案外涙もろいかもしれませんね。

この意外な一面が人気投票で常に上位にくる要因になっているのではないでしょうか。

今回は、東堂 葵以外にも涙もろいのではないかということについて調査・考察をしていきたいと思います。

東堂葵が涙もろい理由は?

東堂 葵が涙を流すシーンは、呪術高専東京校と呪術高専京都校が毎年行っている交流会で、東堂 葵と虎杖悠仁が対戦しているさなかの出来事です。

東堂と虎杖は交流会で対峙しますが、東堂は1級呪術師ですので、まだ駆け出しの虎杖悠仁では敵うわけがありません。

当然、ワンサイドゲームとなります。

その時、なぜか東堂は虎杖悠仁に「どんな女がタイプだ?」と唐突に聞いてきます。

そこで、虎杖悠仁は「ケツ(尻)とタッパ(身長)のでかい女」と答えます。

この虎杖の答えとともに東堂の回想シーンに入ります。

回想シーンでは

・東堂と虎杖は中学生で同級生、さらにアイドルの「高田ちゃん」も同級生

・東堂は高田ちゃんに告白するもフラれる

・そして、落ち込む東堂を虎杖が励ます

というものです。

そして、回想シーンが終わると東堂が天を仰いで泣いているシーンに移ります。

回想シーンの中の世界線はメチャクチャですが、明らかに東堂はフラれたことを思い出して泣いていると考えられます。

確かに、東堂は涙もろそうですね。

ただ、なぜ東堂は涙もろいのか?と聞かれると他に東堂が泣いているシーンがありませんので、推測できません。

ネット上でも、「なぜ東堂は涙もろいのか?」ということに対する答えは見つかりませんでした。

何ともいえないところですね。

実は、この回想シーンですが、ネット上では虎杖悠仁が仕掛けた術式ではないかと議論されたことがありました。

次に、東堂の涙は虎杖が仕掛けた術式によるものではないのかということについて調査及び考察をしていこうと思います。

東堂葵が泣いているのは術式が原因?

この点、確かにあの回想シーンは世界線が明らかに狂っていることと明らかに東堂の記憶していないこと(存在しない記憶)によって構成されていることから、虎杖悠仁の術式によってつくられた回想であるともいわれています。

仮に虎杖悠仁の術式によって作られた回想である場合には、東堂が回想している間は「隙だらけ」となるので、逃げる又は反撃をすることができたはずでした。

しかし、それらをせずに虎杖悠仁はその場から動かずもしくは反撃もせずに東堂の様子を伺っていました。

このことからも、その回想がどういう内容であれ虎杖悠仁の仕掛けた術式によるものではないと言えそうです。

さらには、作者である芥見下々 氏も「あれは虎杖の術式ではない」と断言していますので確定してしまいましたね。

まとめ

今回は、『東堂葵が涙もろい理由は?泣いているのは術式が原因?』ということについて調査・考察をしてきました。

東堂葵が涙もろい理由については、東堂が泣くシーンが1回しかなかったので、材料が少なく何とも言えないところでした。

東堂が涙を流したのは虎杖の術式が原因ではないことが判明しました。

今回は、「東堂 葵 涙」という一見すると結びつかないキーワードで構成されたテーマでの調査・考察をしてきました。

今回も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる