【呪術廻戦】虎杖悠仁の50m3秒の記録は本当?体力がある理由は?

週刊少年ジャンプで連載中の【呪術廻戦】!!

アニメも漫画も大人気ですね!!

あまりアニメや漫画を見ない筆者の親戚すら、楽しんでいます。

メインキャラである虎杖悠仁の先輩と先生たちの過去の物語を描いた、
【劇場版 呪術廻戦 0】も大人気でしたよね。

そんな呪術廻戦の主人公である
【虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)】について
根ほり葉ほり調べてみました!!

今回は

  • 虎杖悠仁の50m3秒の記録は本当?
  • 虎杖悠仁に体力がある理由は?

などなどについて調べてみましたよ!

最後まで読んで、
あなたも【虎杖悠仁】について、【呪術廻戦】について詳しくなっちゃいましょう!!

それでは、お楽しみください!

目次

主人公、虎杖悠仁の性格は?

虎杖悠仁の髪形は、漫画では薄茶色のツーブロックの短髪頭ですが、
アニメではピンク色のツーブロックの短髪頭です。

ツーブロックは一時の流行の髪形かと思いきや、既存の他の髪形と組み合わせたりして、
もはや定番の髪形になりつつありますよね。

虎杖悠仁のようなツーブロックに、とオーダーする人も少なくないかも!?

私服はパーカーが多いですが、特にパーカーが好きな訳ではないそうです。

制服にパーカーの帽子をつけるカスタムをされましたが、違うのですね。

筆者のパーカーが好きな知人は、パーカーが楽だからパーカーばかり着ると言っていました。

虎杖悠仁も動きやすくて楽だから着るのでしょうか?

虎杖悠仁はとてもノリがよくて、素直で人懐こい性格です。

誰とでもフレンドリーに接することができ、一風変わった相手ともすぐ打ち解けたりするシーンもあります。

虎杖悠仁は呪術高専の先輩たちに、【善人】【根明】と言われています。

確かにこの表情たちを見ると、虎杖悠仁は根明かもしれません。

アニメや漫画を見ていても根明っぽさが言動にもにじみ出ていますよね。

好みのタイプは「強いていえばケツとタッパのデカい子」と言っていて、年頃の少年らしい面もあります。

好みのタイプって胸のサイズかお尻のサイズばかりが語られますよね。

筆者の知人は「胸は小さくてお尻が大きい人が好きだけど、ただ大きいだけでは嫌」と言っていました。

好みのタイプも奥が深いのですね。

虎杖悠仁はよく知らない宿儺の指を躊躇なく飲み込むなど
異形の存在に対して抵抗が薄いです。

しかし異形の姿に変えられた人々を前にしたときは、激しい怒りを見せています。

自分の事には関心が薄いですが、
人のために怒ることができるのも
虎杖悠仁の人気の1つですね。

人のために怒ることが出来る人って、
年々減少している気すらしますものね。

虎杖悠仁の超人的な体力の秘密は?

虎杖悠仁の高すぎる身体能力と底なしの体力は
まさかの生まれ持った才能です。

虎杖悠仁は呪術に関わる前から、超人的な身体能力を持っていました。

呪術にかかわる前行っていたのは、
まさかの生まれ持った才能である身体能力を活かし、殴って蹴って跳んで走るという肉弾戦です。

その高い身体能力を呪力で強化した格闘能力は、
作中のキャラクターの中でも指折りです。

初の戦闘で、何も持っていない一般人のはずの虎杖悠仁が、
普通に戦闘していたところに、筆者は度肝を抜かれました。

呪術に関わってからも適応力があり、呪術が使えないので武器を貸し出され、
それをすんなりと使えていたことにも、そんなことある!?と思っていました。

あとはあの人形を使った修行です。

飲み込みが早いというか、すぐにすんなりとできるようになっているのはなぜ!?
呪力の出し方は元々知っていたの!?
虎杖悠仁にはずっと驚かされっぱなしです。

唯一の弱点は、呪術に関しての知識が不足していることです。

そんな弱点を持っていても、必要とあらば多少の負傷に構わず戦闘を続行してしまう虎杖悠仁でした。

呪術師としては長所かもしれませんが、
作中で「イカレてる」と言われてしまっています。

筆者は虎杖悠仁の親目線で恐縮なのですが、無鉄砲すぎて心配でしょうがないです。

まだまだ発展途上の虎杖悠仁、今後の活躍が楽しみですね。

マンガで先を知っている方は、コメント欄などで
ネタバレはしないでくださいね!

少しずつ、楽しみながら見ていますからね!

    虎杖悠仁は50m3秒の記録は本当?

    虎杖悠仁は50m3秒の記録は本当です!

    記録についてはコミックスの第1巻で説明されており、
    他にも世界記録が23mの砲丸投げで30mの記録を叩き出したりしています。

    あと虎杖悠仁の身体の高さを象徴するエピソードは、
    校舎4階の窓を外から蹴破って人外を蹴り飛ばしていることですね。

    元の高校では「SASUKEの全クリアができそう」「50mを3秒で走る」等々、有名人でした。

    50mをたったの3秒で走るんですよ。

    スポーツ庁の平成28年度の調査によると、15歳男子(高校1年生)の50メートル走の
    平均タイムは7.40秒でした。

    虎杖悠仁は平均タイムの2分の1以下で走るのですよ!

    そう考えると虎杖悠仁って、足が相当早いですよね。

    運動部に所属している人は高校卒業後も足が速くなるそうなので、
    虎杖悠仁はさらに足が速くなるかもしれません。

    開始早々運動部にしつこく勧誘されていましたが、それも納得の身体能力ですよね。

    高い身体能力があるのに、さらに伸びしろしかありませんが、
    本当に人間なのでしょうか?恐ろしいです。

    読者の中には、虎杖悠仁は強力な呪力を持って生まれるはずだったと噂になっています。

    天与呪縛で呪力を引き換えに群を抜いた身体能力と体力を持って生まれた可能性があります。

    もしそうであれば、
    虎杖悠仁は呪術師の家系に生まれていることになるのです。

    虎杖悠仁の家族についての詳細が少ないので
    今後の虎杖悠仁の展開が待ちきれませんね。

    【天与呪縛】とは?

    【天与呪縛】とは、
    生まれながらに強制的な縛りを持って生まれた人間のことです。

    作中のキャラクターでは、
    禪院真希(ぜんいん まき)の能力について説明する時に、
    出てきた言葉です。

    禪院真希は呪術師の家系に生まれたのですが、なんと呪力を持っていません。

    呪力を持って生まれなかった代わりに、
    驚異的な身体能力を待っています。

    その身体能力で、様々な武器を使用します。

    呪力の代わりに身体能力が驚異的なまでに高い、
    このような人たちのことを、先生である五条悟(ごじょう さとる)は「天与呪縛のフィジカルギフテッド」と呼んでいます。

    漫画内では、
    虎杖悠仁と禪院真希が似ていると示唆する台詞が、
    他にも沢山あるので、無関係というわけではなさそうですよね。

    【呪術廻戦】虎杖悠仁の50m3秒の記録は本当?体力がある理由は?:まとめ

    虎杖悠仁は、薄茶色のツーブロックの短髪の少年です。
    (アニメではピンク色のような髪色)

    素直で人懐こい性格で、先輩たちから好印象を持たれています。

    さらに虎杖悠仁は、禪院真希との共通点が多く、
    【天与呪縛】の可能性があります。

    今回の虎杖悠仁についてのまとめ

    虎杖悠仁は50m3秒の記録は本当!!
    (コミックス第一巻に記載アリ)

    虎杖悠二の超人的な身体能力と、底なしの体力は
    生まれ持った才能。

    まだまだ謎の多い虎杖悠仁。

    今後の展開が楽しみですね!!

    マンガは今から読み始めても間に合います!

    単行本からでもいいので、是非読んでみて下さい!!

    2022年にはアニメも再放送していて、続編が2023年に放送されるそうです。

    マンガを読むのが大変だという方は、そちらをご覧いただくのでももちろん大丈夫ですよ。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる