【呪術廻戦】呪術高専の建物のモデルや場所はどこ?校舎の大きさはどれくらい

”呪い”をテーマにした【呪術廻戦】!!

ダークファンタジーな世界と、白熱するバトルが人気の
漫画です。

主人公、虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が宿難(すくな)の指を食べたことで、転校することになった

呪術高専!!

この呪術高専について詳しく調べてみました。

最後までご覧ください。

目次

呪術高専とは?

正式名、呪術高等専門学校。

【呪術廻戦】の作中に登場する、呪術師たちの育成機関です。

「東京都立呪術高等専門学校」
「京都府立呪術高等専門学校」

と2校存在しております。

表向きには全寮制の宗教系高等学校として運営しています。

実際に高等学校に相当する授業も行われており、
三年間過ごせば高等学校の卒業資格が得られます。

呪術師となる道を断念した者が出てしまっても、
就職や大学進学などの一般的な進路も選べるようにするためのサポートがあります

なんと学費は免除されます!

その上、実力に応じた呪術絡みの任務をこなせば報酬も!

呪術師としての才能がないと入学できないからこその、サポートの多さにびっくりですね。

実は呪術師たちの一大拠点?!

表向きは教育機関、実は呪術師の育成施設。

上記だけですごいのですが、
実は、日本で活動する呪術師たちの一大拠点も兼ね備えています。

都立呪術高専の深奥に、
日本呪術界の中枢たる天元(てんげん)がいるからです。

天元は千年以上の時を生きる術者で、
その強大な結界術で日本各地の重要拠点に張り巡らされた結界の維持と補強を長年続けています。

日本が呪術大国へと成長したのも、天元の結界による「呪術界の安定」が大きく作用した結果であると作中で描かれています。

呪術高専の建物の場所はどこ?

東京都立呪術高等専門学校は、「筵山麓」にあります。

主人公、虎杖悠仁が初めて来たときに
「スゲー山ん中だな、ここ本当に東京?」と。

都内とは思えないほどの奥地にあるみたいですね。

内部には、校舎や学生寮の他、無数の寺社仏閣が立ち並んでいます。

無数の寺社仏閣は、重要度の高い施設を隠蔽するためのデコイであることが分かっています。

真の入り口は天元の術によってランダムにその位置を変える仕組みになっているので、一般人ではたどり着くのはほぼ無理でしょう

しらみつぶしに探したとしても
天元の「結界術」によって、日々配置が変わっているので
外部の人は特定することができません。

セキュリティ面はかなり頑丈なようですね。

京都府立呪術高等専門学校

生徒は出てきていますが、校舎についての描写はありません。

今後、校舎が出てくるのが楽しみですね。

呪術高専の校舎の大きさはどれくらい

校舎や敷地の詳細は少ないですが
大きな山が2つ分ほどの広大な敷地内にあることは分かっています。

校舎は、
呪術師を目指す若者を相手に授業を行うための施設、
呪術の訓練用の特別な場所や道具が用意されている以外は、一般的な高校の校舎とほぼ変わらないようです。

生徒数がとても少ないため、敷地規模と比較すると
校舎の大きさは、かなり小型のものとなっているのでは
ないでしょうか?

呪術高専の建物のモデルは?

呪術高専のモデルは、複数の神社や建物をモデルにした
可能性が高いのではないでしょうか?

主な外観のモデルをは、【京都 清水寺】によく似ているように見えます。

また、本校までの通り道に立っている灯篭は、
熊本県の上色見熊野座神社に近いという意見もありました。

校舎は東京衛生歯科専門学校にいていると言う意見も

細かい部分は違いますが、建物の高さや配置が
京都の平等院鳳凰堂に似ています。

高校をモデルにしたのではく
複数の神社や建物モデルにしたようですね。

まとめ

呪術高専についてまとめました!

  • 呪術高専は【東京】と【京都】に二校のみ
  • 東京の呪術高専は「筵山麓」の中にある
  • 大きな山が2つ分ほどの広大な敷地内にある
  • 真の入り口は日々配置が変わっている
  • 学費は免除!!
  • 呪術高専のモデルは複数の神社や建物
  • 実は、呪術師たちの一大拠点!!

主人公はとんでもない所で学んでいるんですね!

最後まで読んで下さりありがとうございました!

早く東京呪術高専の内部の詳細や、
京都呪術高専のビジュアルが描かれるのが楽しみですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる