【ジョジョ6部】エンポリオの年齢、身長、誕生日、性格まとめ!

大人気作品ジョジョの奇妙な大冒険!!
現在は第8部まである超大作ですね。

第1部を見たころ、
まさかこんなに超大作になるとは夢にも思っていませんでした。

そんなジョジョの大冒険【第6部】に登場する
エンポリオ・アルニーニョ(以下、「エンポリオ」とだけ表記します)の

  • 年齢
  • 身長
  • 誕生日
  • 性格

についてまとめました。

本誌の中では、明かされなかった秘密も多い少年の
エンポリオですので、紐解いていきましょう。

目次

エンポリオの年齢、誕生日は?

エンポリオ本人は2月17日生まれの、
年齢を11歳と自称してます。

しかし正確な誕生日や年齢は不明のままです。

といいますのも、エンポリオは生まれも育ちも刑務所内だからです。

年齢も誕生日についても、だいたいのことしか知りませんでした。

エンポリオの出生の秘密ですが、
G.D.st刑務所に収監されてしまったエンポリオの母親が、エンポリオを刑務所内で出産し、こっそりと育てました。

その後、エンポリオの母親はプッチ神父によって殺されてしまいます。

そのエンポリオの母親がスタンド能力者で、エンポリオもまたスタンド能力の適性を持っていました。

エンポリオは母の死後も、自らのスタンド能力によって、
G.D.st刑務所内にてこっそり生きていました。

音楽室があったのですが、
エンポリオは主に音楽室の中にひそんでいました。

刑務所外の世界の事は、エンポリオの能力で知識としては知っていますが、就学経験も無い少年です。

エンポリオは能力で得た知識で、スタンド能力の操り方も熟知しています。

両親についてはあまり漫画内で明確に描かれてはいない、秘密の多いエンポリオ。

分かっていることは、母親がスタンド能力者であり
その能力で育てられてきた事です。

エンポリオの身長は?

エンポリオの身長は、公式で決まっていません。

身長がわかっている、他のキャラと並んでるイラストから推測して120~130cmくらいではないかと思われます。

自称11歳(小学校5~6年生)という事なので、
一般的な同年代の子どもと比べると小さめの身長ですね。

ちなみに、文部科学省の平成30年の調査によると、11歳の男の子の平均身長は145.2cmです。

インターネットの情報によるとエンポリオは2000年生まれではないか?とのことなので、
2011年の11歳の男の子の平均身長も調べたのですが、145cmでした。

主人公の空条徐倫が1992年生まれの19歳ということを考慮すると、
これはあながち外れていないかもしれませんね。

これと上に書いた推測して120~130cmという数値を比べてみると、エンポリオは小さめであることが分かります。

推測して120~130cmというと、エンポリオは小学校低学年程度しか身長がなかったことが分かります。

刑務所内なので満足にご飯が得られなくて、とても苦労したのでしょうね。

体型を見ても、きっと体重も軽かったことと思われます。

頑張っていて偉いね、エンポリオ!

エンポリオの性格は?

ジョジョの冒険シリーズには、
身長が小さくて幼いが、勇気に満ち溢れていて頼りになる性格の子どもが度々登場します。

例えば、第4部の川尻早人などがあげられます。

川尻早人もまた11歳です。

筆者は11歳のころ、エンポリオと違って、文房具集めが趣味で公園で遊んでいるだけの頭の悪い子供でした。
原作者の荒木先生は、小さい男の子に思い入れがあるのでしょうか?

それとも、一見弱そうな子が強いのを描きたいのでしょうか?

真相は闇の中、本人のみ知るところですね。

エンポリオは、第6部で一番年齢の幼い少年です。

ですが誰よりも勇敢で、活躍している姿は読者にも勇気を分け与えるような、とても魅力的なキャラクターです。

主人公の空条徐倫に助言をして導いていったり、
母親の仇を打つため、敵に勇敢に立ち向かい戦ったりと、
大活躍のエンポリオ。

とても勇敢で、エンポリオの母の仇を取ろうと活躍するので、見ていて応援してしたくなります。

そしてエンポリオは最終決戦の切り札という大役を任されるのです。

ドキドキワクワク、手に汗を握る、胸躍る展開ですよね。

エンポリオの活躍から、もう目が離せません。

エンポリオの能力は?

ポルターガイストコミックス内の公式キャラクター紹介で、
”彼の母親もスタンド使いで能力は定かではないが多分、「幽霊の品物」を使える能力であろう。「部屋の幽霊」内で彼を育てたのだ。”と単行本で明かされています。

そんなエンポリオの能力は、
【バーニング・ダウン・ザ・ハウス】

物体の幽霊を操ることができるスタンドです。

物体の幽霊とはいったい何だろうと思いますが、要するに偽物の物体です。

厳密にいえばもちろん違いますが、そう考えていただいて大丈夫です。

【バーニング・ダウン・ザ・ハウス】は、
例えば電話やチョコレートといった物体を出し、操ることができます。

ただしあくまでも「幽霊」であり、現実世界に影響を与える事は不可能となっています。
例えばチョコレートを作り出してそれを食べたとしても、空腹は満たされません。

実体化させないで置くこともでき、エンポリオは握りこぶしからブラウン管モニターの古いパソコンとキーボードを瞬時に出現させる場面があります。

しかしパソコンはインターネットに接続することができ、使えていました。

どこまでが現実への影響なのでしょうか?

アクセス数に反映されない、とかでしょうか?

物語の終盤ではスタンド能力が変質したのか、
現実世界へ影響が怒るようになりました。

現実世界へ影響が出るなら、この能力さえあれば生きていけるので、
ある意味無敵なスタンド能力ですね。

今度から強いスタンド能力者を聞かれたら、エンポリオと答えようと思います。

エンポリオのもう一つの能力

ウェザーからエンポリオへと受け継がれたスタンド
【ウェザー・リポート】

ウェザー・リポートの能力は天候を操る力と、
記憶を取り戻した事で解放されたヘビー・ウェザーの2つでした。

ヘビーウェザーとは太陽光を変質させ、暗示をかける能力です。
実際にヘビー・ウェザーを使われた人や動物はみんなカタツムリになってしまいました。

実はもう一つ眠っていた能力があります。
それは天候を操る能力を利用した純粋な酸素の拾集です。

人間が生きるために必要な酸素ですが、
100%純粋な酸素は人間にとって猛毒なのです。

高濃度の酸素は合併症を引き起こしたり、
酸素中毒を引き起こしたりと、危険なのです。

純粋酸素を吸い続けると人体の細胞組織がどんどんと脆くなり、少しの刺激だけで破壊されてしまいます。

最終決戦ではエンポリオが、多量の純粋酸素を吸わせ立つことすら出来なくなった敵の頭蓋骨を拳で砕き勝利を収めました。

あのシーンはおそらく、見た全員がわいたのではないでしょうか?

筆者はまだ見ていませんが、おそらく涙なしでは見られません。
ハンカチを用意して見ようと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、エンポリオについて簡単にまとめました。

エンポリオのプロフィールまとめ

  • 年齢:刑務所生まれの自称年齢11歳
  • 生年月日:2月17日?(詳細は不明)
  • 身長:120~130㎝くらい
  • 性格:幼いが勇敢
  • 能力は3つ!!

これだけでも、エンポリオは第6部のキーとなる
キャラクターだとをわかりますね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

今回の記事で興味が湧きましたら、
ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」を
是非見てください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる