【ジョジョ6部】ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!

『ジョジョの奇妙な冒険』第6部ストーンオーシャンに登場するウェザーリポート。

ウェザーリポートは記憶がなく謎に包まれています。

また天候を操る能力がすごいという特徴があります。

本記事では、ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!について考察していきます。

目次

ウェザーリポートとはどんな人物?

ウェザーリポートは、仏頂面で口数も多くなく、謎も多い人物ですが、温和な性格です。

また、冷静沈着で、先見の明もあり、判断力の高さも備わっているため、周囲から信頼されている人物です。

記憶をなくし、名前もわからないため、自身のスタンド能力である“ウェザーリポート”と名乗っています。

ウェザーリポートの正体は?

ウェザーリポートの正体は、エンリコ・プッチの双子の弟です。

ウェザーリポートの正体は、生まれて間もなく死亡したと思われていたドメニコ・プッチだったのです。

実は、ドメニコ・プッチは生きており、出生当時に別の死んだ赤ちゃんとすり替えられたため、死亡したことになってしまいました。

その後、ドメニコ・プッチは、ブルーマリンという家で、ウェス・ブルーマリンという名前を授けられ、生きていたのです。

ウェザーリポートの能力が最強すぎる!

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズでは、さまざまな能力が登場しますが、その中でも最強すぎると話題なのが、ウェザーリポートの能力です。

ウェザーリポートのスタンド能力は、存在し得る気象現象を、全て自由に発生させることができるものです。

天候を自在に操るだけでなく、範囲を指定できることも大きなポイントです。

さらに、単に雨や雪といった天気を引き起こすだけでなく、酸素濃度を操り、酸素マスクを作ったり、酸素濃度を薄めて相手の呼吸を苦しめるといった応用も効きます。

近距離戦・遠距離戦どちらでも威力を発揮し、まさに、最強すぎる強力なスタンド能力であると言えます。

ホワイトスネイク戦では、ヤドクガエルが降ってくるという現象を引き起こすこともありました。

ヤドクガエルは、猛毒をもつ生物で、それらを沢山降らすことができるだけでも、最強すぎる能力と言えそうです。

まとめ

ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!に関して、考察してきました。

ウェザーリポートの正体は、ドメニコ・プッチであり、エンリコ・プッチの弟です。

ウェザーリポートの能力は、天気を自在に引き起こすだけでなく、応用の幅も広く、最強すぎる能力です。

いかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる