【ジョジョ6部】ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!

皆様は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズってお好きですか?

マンガがアニメ化され、ゲーム化もされ、映画化され、展覧会まで開催された人気っぷりですよね。

とどまることを知らない人気ですが、この先はどこまで行くのでしょうね?

さて、『ジョジョの奇妙な冒険』第6部ストーンオーシャンに登場するウェザーリポート。

ウェザーリポートは記憶がなく謎に包まれています。

また天候を操る能力がすごいという特徴がありますよね。

本記事では、

  • ウェザーリポートの正体は?
  • ウェザーリポートの能力が最強すぎる!

について考察していきます。

目次

ウェザーリポートとはどんな人物?

ウェザーリポート(画像左の人物)は、39歳で、仏頂面で口数も多くなく、謎も多い人物ですが、温和な性格の人物です。

また、冷静沈着で、先見の明もあり、判断力の高さも備わっているため、周囲から信頼されている人物です。

ウェザーリポートは頼りになる、いい男ですね。

主人公である空条徐倫(画像右の人物)は、ウェザーリポートを仲間にしておいて正解だったのではと、筆者は思います。

強くて頭のいい、尊敬に値する人物は好きですよ。

そんなウェザーリポートは記憶をなくした状態で、刑務所内の秘密の部屋にいます。

秘密の部屋だなんて、特別感があっていいですね。

記憶をなくしたのは記憶のDISCというものを抜かれたためなのですが、本記事では深く触れないこととします。

ウェザーリポートは自身の名前もわからないため、自身のスタンド能力である“ウェザーリポート”と同名を自分の名前として名乗っています。

2枚目の画像が、ウェザーリポートとウェザーリポートです。

単にウェザーリポートとだけ書くと、どちらを指しているのかわかりにくいですね。

区別をつけるために、ここからの文中はウェザーリポート(人物)とウェザーリポート(スタンド)と記述しましょうか。

画像左の白っぽくて赤い目をして浮いているのがウェザーリポート(スタンド)で、画像右の白い帽子をかぶっていて青い目をしているのがウェザーリポート(人物)です。

記憶をなくした程度なら、名前は周りの人が知っていそうなものですけれど、周りにそんな人物がいなかったのですね。

そしてスタンド名は知っていたのですね。

ウェザーリポート(スタンド)が、自身の名前をしゃべって伝えたのでしょうか?

もしそうだとすると、少し面白いですね。

ウェザーリポートの正体は?

ウェザーリポート(人物)の正体は、エンリコ・プッチ(プッチ神父)の双子の弟です。

ウェザーリポート(人物)の正体はなんと、生まれて間もなく死亡したと思われていたドメニコ・プッチだったのです。

帽子を脱いだら、白い髪の毛が現れるのでしょうか?

それとも肌の色のように、兄弟でも頭髪の色は違うのでしょうか?

というか、あれは帽子で合っているのでしょうか…?

あれは地毛ですか?帽子ですか?不安になってきました。

実は、お墓まで作られたドメニコ・プッチでしたが、生きていました。

ドメニコ・プッチは、出生当時に別の死亡した赤ちゃんとすり替えられたため、死亡したことになってしまいました。

エンリコ・プッチとドメニコ・プッチを取り出したお医者様は、どういった反応だったのでしょうね?

その後、連れ去られたドメニコ・プッチだったはずの赤ん坊は、ブルーマリンという家で、ウェス・ブルーマリンという名前を授けられ、生きていたのです。

双子であったため、ウェザーリポート(人物)とエンリコ・プッチは同じ誕生日です。

祝われる際も一緒のはずだったのですね。

現在では有志の手によって、合同のお誕生日会が行われていることでしょう。

そしてウェザーリポート(人物)は、ウェス・ブルーマリンとして実の妹であるぺプラ・プッチと恋に落ちるのです。

このことが記憶を失う原因になります。

いきさつをかいつまんで説明すると、ウェザーリポート(人物)が暴行されて、それを見た恋人が自殺をし、怒ったウェザーリポート(人物)が暴走してしまい記憶を消されるのです。

そのため、ウェザーリポート(人物)は、一切の記憶がないまま囚人となったのです。

刑務所内の秘密の部屋にいたのも、それが理由だったのではないかなと筆者は思っています。

記憶が戻るとつらい記憶も怒った気持ちも全て一緒に思い出されてしまうと思うので、取り戻してほしいようなほしくないような複雑な気持ちですね。

この話について詳細を知りたいのなら、ぜひ本編をご覧くださいね。

マンガでもアニメでももちろん大丈夫ですよ。

ウェザーリポートの能力が最強すぎる!

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズでは、さまざまな能力が登場しますが、その中でも最強すぎると話題なのが、ウェザーリポート(スタンド)の能力です。

ウェザーリポート(スタンド)のスタンド能力は、存在し得る気象現象を、全て自由に発生させることができるものです。

豪雨を降らせたり濃霧にしたりと、自由自在に天候を操れるのです。

視界を遮れるのは強いですね。

ウェザーリポート(スタンド)のスタンド能力は、天候を自在に操るだけでなく、範囲を指定できることも大きなポイントです。

さらに、単に雨や雪といった天気を引き起こすだけでなく、酸素濃度を操り、酸素マスクを作ったり、酸素濃度を薄めて相手の呼吸を苦しめるといった応用も効きます。

あれ、これって便利なうえに、規格外に強いのでは…?

ウェザーリポート(スタンド)のスタンド能力は、近距離戦・遠距離戦どちらでも威力を発揮し、まさに、最強すぎる強力なスタンド能力であると言えます。

ホワイトスネイク戦では、ヤドクガエルが降ってくるという現象を引き起こすこともありました。

この、生物が降ってくる現象を、ファフロツキーズ現象といいます。

小魚やカエルなどが降ってくる現象で、この現象が起こる原因は不明だそうです。

不明なのですが一部では、竜巻によって巻き上げられた小魚やカエルが降ってくるのでは?と言われているらしいですよ。

真偽はもちろん不明です。

ヤドクガエルは、水族館などで見ることが出来ますが、比較的小型で鮮やかな色彩を持ち一見かわいいので触れてみたくなります。

でも実際には神経への猛毒をもつ生物で、見つけても触れてはいけないのです。

その毒はアルカイド系の毒で、たったの20μgで大人を死なせてしまうらしいです。

鮮やかなので、その辺りにいたら拾ってじっくりと見そうなのですけれど、危険なのですね。

それらを沢山降らすことができるだけでも、ウェザーリポート(スタンド)は最強すぎる能力と言えそうですね。

ちなみに、毒を持たないペット用のヤドクガエルというのも存在しているそうなので、もし観察したいのならそちらをオススメします。

【ジョジョ6部】ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!:まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、ウェザーリポートの正体は?能力が最強すぎる!に関して、考察してきました。

今回のウェザーリポートについてのまとめ

ウェザーリポートの正体:エンリコ・プッチ(プッチ神父)の弟、ドメニコ・プッチ

ウェザーリポートの能力:天気を自在に引き起こすだけでなく、応用の幅も広く、最強すぎる能力

謎の多いウェザーリポート(人物)およびウェザーリポート(スタンド)ですが、少しでも理解できましたか?

もし理解のお手伝いが出来たなら幸いです。

この理解を、ぜひ考察に役立ててくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる