【ジョジョ6部】プッチ神父の最後はどうやって倒された?負けた敗因、結末は?

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ 第6部 ストーンオーシャンのラスボスであるプッチ神父。

プッチ神父は過去にディオと親交があり、ディオを崇拝するようになり、天国に行くという目的のためなら、何の犠牲もいとわない人物です。

本記事では、第6部の結末でもある、プッチ神父の最後はどうやって倒された?負けた敗因、結末は?についてまとめていきます。

目次

プッチ神父の最後はどうやって倒された?

プッチ神父の最後はどうやって倒されたかというと、エンポリオとの戦いで倒されたのです。

プッチ神父が天国に行く方法を知り、その目的を果たそうとします。

主人公である空条徐倫や、その父親の空条承太郎、ウェザーリポートなどの面々は、プッチ神父を止めるべく戦いますが、次々と倒されたのですが、空条徐倫が最後の望みを託したのが、エンポリオでした。

プッチ神父は天国へ行くために、時間を加速させ世界を一巡させようとしますが、エンポリオの存在に気付きます。

そして時の加速を停止し、エンポリオを始末しに行くのです。

プッチ神父に苦戦するエンポリオでしたが、ウェザーリポートが残していったスタンド能力のディスクを使い、酸素濃度を操りプッチ神父を追い詰め、倒されました。

プッチ神父のが負けた敗因、結末は?

プッチ神父が負けた敗因、結末について考えていきます。

空条徐倫や空条承太郎たちの力を使っても、どうやっても倒せなかったプッチ神父が負けた敗因、どうやってこの結末に至ったのでしょう?

一つの伏線として、ウェザーリポートが最期に自身のスタンド能力をディスク化して、空条徐倫に託していたことが、負けた敗因、結末に繋がっています。

もう一つは、ウェザーリポートもそうですが、自分自身は犠牲になったとしても、他の者に託して敗れていった、空条徐倫たちの想いが繋がったことが、プッチ神父が負けた敗因、結末に繋がったとも言えます。

プッチ神父がエンポリオの存在を気にすることなく、時の加速を止めずに世界を一巡させていたら、プッチ神父の言う天国にたどり着いたかもしれません。

しかし、エンポリオが存在したこと、ウェザーリポートのディスクがあったことによって、プッチ神父の運命がくるい、負けた敗因、結末になったと言えます。

まとめ

本記事では、プッチ神父の最後はどうやって倒された?負けた敗因、結末は?についてまとめてきました。

プッチ神父は最後、エンポリオと戦い、ウェザーリポートが残したディスクを使い、酸素濃度を操ったことで倒されました。

プッチ神父は、エンポリオが存在したこと、ウェザーリポートのディスクがあったことによって、運命がくるい、負けた敗因、結末につながりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる