【ジョジョ4部】小林玉美の年齢、身長は?身長がだんだん縮んでいった理由は?

ぶどうヶ丘高校の卒業生である小林玉美(こばやしたまみ)。

もともとは一般人であったが、虹村形兆が持っていたスタンドの弓と矢によって射抜かれたことによりスタンド使いとなりました。

小林玉美のスタンド能力「ザ・ロック」は、人の罪悪感を利用して他者に取り付く南京錠型のスタンドです。

本記事では、小林玉美の年齢、身長は?身長がだんだん縮んでいった理由は?について考察していきます。

目次

小林玉美の年齢はどれくらい?

小林玉美の年齢は、20歳です。

生年月日は1978年9月頃で、星座はおとめ座だと言われてます。

小林玉美はゆすり屋をしており、自身のスタンド能力を悪用していました。

広瀬康一をターゲットにし、東方仗助と虹村億泰に阻止されると、広瀬康一の母親や姉を巻き込みました。

家族を巻き込まれたことにより怒りの感情が爆発した広瀬康一は、スタンド能力を開花させました。

小林玉美は敗北し、これをきっかけに勝手に広瀬康一の舎弟となるのでした。

ちなみに広瀬康一の年齢は15歳なので、小林玉美の年齢より5歳も年下です。

小林玉美の身長はどれくらい?

小林玉美の身長は、153㎝です。

作中の描写では、周囲と比較しても、身長=153㎝より低く描かれているように見えます。

といっても、登場して間もない頃は身長はもっと高いように描かれていました。

ストーリーが進むにつれて徐々に身長が低くなっているようにも見えます。

小林玉美の身長がだんだん縮んでいった理由は?

小林玉美の身長がだんだん縮んでいった理由はあるのでしょうか?

小林玉美の身長は、初めての登場シーンから比べて、だんだんと縮んでいます。

身長が縮んでいった理由は明確には記載されてはいません。

身長の他に、顔つきも登場時以降だんだんと変化しています。

いかにもゆすり屋という強面だったものが、マイルドになっていきます。

それもあわせて理由を推測します。

小林玉美は、最初は悪のイメージがあったものの、広瀬康一の舎弟になったり性格もお調子者の部分が描かれるようになり、どちらかというと可愛がられるタイプのキャラクターに変貌していきます。

そのイメージに合わせて、外見も変化させていったというのが理由として挙げられています。

まとめ

本記事では、小林玉美の年齢、身長は?身長がだんだん縮んでいった理由は?について考察してきました。

小林玉美の年齢は20歳で、生年月日は1978年9月頃で、星座はおとめ座です。

小林玉美の身長は153㎝ですが、作中ではそれより低く描かれているように見えます。

小林玉美の身長がだんだん縮んでいった理由は、最初は悪のイメージがあったものの、広瀬康一の舎弟になったり性格もお調子者の部分が描かれるようになり、どちらかというと可愛がられるタイプのキャラクターに変貌し、外見もそれに合わせて変化させたためです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる