【呪術廻戦】少年院の建物のモデルや場所は何県のどこ?

独特な世界観、熱いバトル、個性的なキャラクター、早い展開で先が気になってしまう『呪術廻戦』ですが、今回は舞台となった建物についてのお話しをしたいと思います。

今回、俎上に上げますのは『呪術廻戦』第1巻と第2巻に収録されている「呪胎戴天」にでてきます、英集少年院の建物についてです。

「呪胎戴天」にでてきます、英集少年院の建物にはモデルが存在するのか、またその建物のモデルとなった建物はどこにあるのか?についてお話ししていきます。

目次

英集少年院の建物にはモデルとなっている建物があるのか?

呪術高専1年の虎杖・伏黒・野薔薇の3人が少年院に発生した呪霊を祓い、閉じ込められた生存者の救出という実務任務のために訪れた場所が英集少年院です。

よく、漫画等で出てくる建物には必ずといっていいほどモデルが存在していますよね。

代表的なもので言えば(あくまでも主観です)、映画『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルともなった「道後温泉本館」

「ラブライブ!サンシャイン!!」函館編の八幡坂

こちらの函館・八幡坂については「ラブライブ!サンシャイン!!」だけでなく、多数の作品にも出ていますね。

これらの場所と同じように、英集少年院にもモデルとなる所があると思い調べてまいりました。

やはり、英集少年院のモデルとなった少年院は実際にありました。

たしかに・・・似ていますね。

特に正面玄関のところはよく似ていますね。

というよりも、確定ですね。

そして、英集少年院とは、『呪術廻戦』は集英社が刊行していますので、集英社をもじった名前であると推測されます。

英集少年院のモデルとなった少年院は、何県のどこにある?

作品のなかで英集少年院は、東京都西東京市にあるという設定でした。

英集少年院のモデルとなった少年院は東京都八王子市にあります。

余談ではありますが、モデルとなった少年院は大正12年に発足した、日本最古の少年院ということでした。

まとめ

今回は、【呪術廻戦】少年院の建物のモデルや場所は何県のどこ? についてお話ししてきました。

【呪術廻戦】に出てくる英集少年院の建物も、他の作品同様にモデルとなった建物や場所がありました。

むしろ、全く架空の建物や場所などを使った作品というのも、多くはないということだと思います。

長々と書いてきましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる