【ジョジョ2部】ワムウの必殺技の神砂嵐の仕組みを解説!他の技はある?

皆さんはジョジョシリーズってお好きですか?

スタンド能力編の派手さに押されて、スタンド能力の出ない1部や2部のことを忘れてはいませんか?

今回はそんな2部の中でもワムウをピックアップして、ワムウの必殺技の神砂嵐の仕組みを解説!他の技はある?についてまとめてみました。

目次

ワムウとはどんなキャラクター?

ワムウとは、かつて波紋使い達を倒した柱の男のNo.3です。

柱の男という呼称はジョセフ・ジョースターたちが勝手に命名したもので、正式には闇の種族といいます。

人間とは異なり、つのがあります。

古代から神だとか悪魔として認識されてきました。

人間と異なるのが、寿命と知性・肉体です。

一度の睡眠で2000年眠るところも異なりますね。

眠るにも体力を使うといいますし、そんなに長く眠れませんよね、すごいです。

参考までに聞いてほしいのですが、筆者の最長睡眠時間は10代のころの16時間です。

ワムウの顔には大きく「ワ」の文字が刻まれていますが、よーく見ると細かく「POWER」と入っているらしいです。

その文字の通り、ワムウには力強さと戦闘センスがあり、さらに戦闘経験も豊富でまさに強い男です。

ワムウは先述の通り戦闘のセンスがある武人であり、No.3ですが上のNo.1No.2からも一目置かれている存在です。

ワムウの必殺技の神砂嵐の仕組みを解説!

ワムウの神砂嵐は一応誰でもできます。

簡単な動作ですので、読みながら、みなさんも是非真似してやってみてくださいね。

まず、両腕をてのひらはグーにして前に突き出します。

次にその腕を肘から高速回転させます。

そうすると拳を中心に竜巻ができて、拳と拳の間に真空空間ができます。

その真空空間で標的を破壊することができます。

誰でもできると書きましたが筆者には高速回転が難しく、できませんでした。

肘の関節がボリボリと鳴るのみでした。

ワムウの腕から肩の筋肉は、どうなっているのでしょうね。

これができたとして、ワムウのような攻撃ができるかどうかは、筆者は保証しません。

だって筆者は自分で検証できませんでしたからね!

ワムウには他の技はある?

最終流法・渾楔颯という技や、名前はないのですが透明になる能力、つのドリルがあります。

最終流法・渾楔颯はワムウの全身にある管から吸った空気を体内で圧縮し、高圧にしてつのから出してターゲットを切り刻む技です。

最終流法はファイナルモードと読みます。

その名の通りワムウの最終奥義で、攻撃力はワムウのどの技よりも大きいのですが、ワムウ自身のことも破壊するので、本当にここぞ!というときにしか使えません。

この技はつのがないので真似できませんからね、あしからずご了承ください。

透明になる能力は光の屈折を利用し、ワムウは特に透明になるわけではないのですが、透明に見せかける能力です。

体の管から空気を出して、風のプロテクターを作ります。

それに水蒸気が加わることで、光の屈折が生じます。

それで透明に見えるのです。

つのドリルは1度使ったら止められないのですが、ワムウの額についているつのはドリルのように回転します。

それを用いた攻撃です。

どの攻撃技にも使用した場合の欠点があるのが、戦略性があってとてもいいと思います。

どれもこれも、戦闘センスのあるワムウならではの技ですよね!

まとめ

いかがですか?

ワムウとは、かつて波紋使い達を倒した柱の男のNo.3です。

ワムウの必殺技の神砂嵐の仕組はまず両腕をてのひらはグーにして前に突き出し肘から高速回転させることで、拳と拳の間に真空空間ができ、その真空空間で標的を破壊することができます。

ワムウには他にも最終流法・渾楔颯という技や、名前はないのですが透明になる能力、つのドリルがあります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる