【ジョジョ2部】シュトロハイムの死因は?改造した部分はどこ?

皆さんはジョジョシリーズってお好きですか?

2部で憎めないけれど好きなキャラクターっていますか?

今回は、シュトロハイムの死因は?改造した部分はどこ?についてまとめてみました。

目次

シュトロハイムとはどんなキャラクター?

シュトロハイムは柱の男について研究していた、ドイツの軍人です。

選民思想の持ち主ですが、シュトロハイムの場合は人種や民族といった表面的なものにとらわれるではありません。

その人間の内面部分に価値を求めます。

自信過剰にも思える発言をしていますが、祖国や仲間のためなら自分が死ぬことすらいとわない気高さを持っています。

シュトロハイムの代表的なセリフからも見えますが、祖国を愛していたのでしょう。

所属する組織が組織なだけに悪人とも思われますが、仲間になるキャラクターです。

波紋等はとくに使うことのできないキャラクターですが、2部の中でもセリフが多いなど優遇されているキャラクターでもあります。

それはシュトロハイムが死亡したかと思ったら何度も再登場していることからも見えますよね。

数えたら、3度も登場していますよ、シュトロハイム。

ちなみにシュトロハイムの髪形は最初軍人らしい角刈りだったのですが、いつの間にかよく知られるほうきのような髪形になっていました。

サイボーグになるときに整えてくれたってよかったのに、個性を出したかったのですかね。

シュトロハイムの死因は?

シュトロハイムの死因は、ドイツ軍人として戦線で戦死、です。

サンタナとの戦いで自爆し死亡したかに思われたシュトロハイムですが、サイボーグと化して再登場しました。

その後も体を真っ二つにされたものの、修理して再登場しました。

さすがは軍人、並の人間とは根性が違いますね、シュトロハイム。

筆者でしたら途中でくじけていると思います。

そのあとはジョセフジョースターに同行し、ジョセフジョースターの最後の戦闘を見届けます。

それからはジョセフジョースターと再会することはなく、軍人として役目を果たします。

元々軍人でしたので、祖国のための軍人として最後を迎えられたのは嬉しかったでしょうね。

激しい戦いを間近で見たので、軍に帰っても役に立てたのではないかと思います。

ジョセフジョースターの戦い方は、参考になりますよね。

シュトロハイムの改造した部分はどこ?

シュトロハイムの改造した部分は、明記されていません。

体の大部分をサイボーグ化したということしかわかりません。

でもシュトロハイムの左手は、劇中でも機械になっているのを見ることができましたね。

それに体を真っ二つにされても修理で元に戻ったのですから、体もきっと改造されていたのですよね。

シュトロハイムがどこを改造したのか見せなかったのは、きっとばれると改造した部分以外を狙われるからですよね。

ひょっとしたら肉体に見えていた部分も改造されていて、表面に皮膚やシリコンを貼っていたのかもしれませんよ!

もしかしたら、顔のほとんども実は再生不可能なほどに損傷していて、筆者の知らない素材で機械部分を隠していたのかもしれません。

だって、世界一の技術を使ったのですから、筆者が知らないことが起こっていても無理はありません。

自爆ってしたことがないのでわかりませんが、体のほとんどが残らない気がしますしね。

まとめ

いかがでしょうか。

シュトロハイムは柱の男について研究していた、ドイツの軍人です。

シュトロハイムの死因は、ドイツ軍人として戦線で戦死、です。

シュトロハイムの改造した部分は、明記されておらず、体の大部分をサイボーグ化したということしかわかりません。

今回書いたことをまとめると以上なのですが、シュトロハイムは気高いドイツの軍人ということを覚えていたらいいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる