【呪術廻戦】虎杖と東堂が親友の記憶は何かの洗脳?いつから仲良しだった?

【呪術廻戦】では、超人的な能力を持つ主人公・虎杖悠仁が強敵と戦っていき、凄まじい勢いで、呪力を使った戦いに慣れていく虎杖。

その呪術廻戦で最大の謎と言われていた「存在しない記憶」。

虎杖との存在しない記憶を初めて見たのは東堂でしたが、彼の頭のおかしいユニークなキャラとして流されていました。

しかし、その後敵キャラクターであり呪胎九相図の長男・脹相も虎杖との存在しない記憶を見たことで話題となりました。

これは、虎杖自身の呪力なのか?もしくは、体内の両面宿儺の呪力なのか?

存在しない記憶の詳細が判明したのでこれまでのファンの間で考察されていた存在しない記憶とともに実際の正体についてまとめてみました。

目次

存在しない記憶は虎杖悠仁の術式による洗脳や記憶操作?

「存在しない記憶」の発生を確認できるのは、京都姉妹校交流会における東堂戦と、渋谷事変における脹相戦の2回です。

これにより、東堂と脹相は虎杖のことを「自分の兄弟」と認識し、敵対意識をほぼ完全に消失しています。

東堂葵は京都の高専に在籍する3年生の一級呪術師で、筋肉ゴリゴリの戦闘狂にも関わらず、アイドルの高田ちゃんを追いかける熱烈なファン活動もしています。

東堂葵は戦う相手の人間性を探るために、「どんな女が好みだ?」と聞くのが口癖です。

東京・京都姉妹校交流会の時に、初めて虎杖と対峙し、好きなタイプを聞かれた虎杖は、「尻ケツと身長タッパのデカい女の子」と答えたのですが、実はこの好きなタイプは東堂と全く一緒だったのです!

そして、この瞬間に東堂の脳内にあるはずのない記憶が流れ出します。

それは、2人が親友同士で、学校生活を仲良く過ごすというものでした。

ここから東堂は、虎杖のことをマイベストフレンドと呼ぶようになります。

虎杖と東堂は学校も違えば年齢も違うので、一緒のクラスで和気あいあいとするタイミングなど無かったはずです。

この時はまだ東堂のユニークなキャラ設定ということで、読者も笑っていました。

しかし、渋谷事変での対脹相戦の途中で再度この「存在しない記憶」が出現し、ファンの間でこれは虎杖の術式による洗脳や記憶操作なのではないかと議論が巻き起こりました。(今回は東堂の記憶についての記事なので、内容は割愛します。)

存在しない記憶は虎杖の能力でも何でも無かった!?

虎杖悠仁の能力だと思われていた『存在しない記憶』は、虎杖の能力でも何でもないということが明らかになりました。

この衝撃の事実が判明したのは、『漫道コバヤシ』というケンドーコバヤシさんがMCを務める番組に呪術廻戦の著者・芥見下々先生が出演した時のことです。

ケンコバさんは、番組内で『存在しない記憶』は虎杖悠仁の能力であることを前提に話を進めていましたが、芥見先生はそのことを否定しました。

芥見先生によると、東堂戦や脹相戦で描かれた『存在しない記憶』についての意味深な描写には特に深い意味は無いとのことでした。

さらに、芥見先生は「東堂と脹相はそれぞれ違う理由で記憶をフラッシュバックさせている」と明かしました。

後の展開より、虎杖は腹違いの脹相の弟ということが判明しました。

このことから、脹相の場合は、実際に記憶はないものの、彼の「血がつながった兄弟は離れていても状態が分かる」能力で虎杖を兄弟と認識でき、存在しない記憶がフラッシュバックしたと考えられます。

東堂は結局洗脳されていたのか?

東堂は姉妹校交流会から虎杖のことを完全に”兄弟(ブラザー)”と認識していますが、脹相と虎杖の兄弟関係ような背景事情はありません。

元々変人扱いされていた東堂ですが、今回のことで東堂の「変人さ」「異常さ」がさらに際立つことになり、読者の間でもかなりネタにされました。

しかし芥見先生は「東堂と脹相が記憶をフラッシュバックさせているのは違う理由」といっているので、東堂が存在しない記憶を見たことに対して何かしらの理由が用意されているのかもしれません。

東堂が虎杖を兄弟として認識するようになった原因には考察の余地がありますが、考察材料が少ないため現時点(2022年5月現在)原因不明と言わざるを得ません。

まとめ:【呪術廻戦】虎杖と東堂が親友の記憶は何かの洗脳?いつから仲良しだった?

ここまで、京都姉妹校交流会における東堂戦で見られた親友の記憶は何かの洗脳であったのか?いつから仲良しだったのか?について解説してきました!

考察結果としては、親友の記憶は洗脳ではなく東堂の妄想?であり、京都姉妹校交流戦が初対面であるということになります。

作者の芥見先生の言うように、この存在しない記憶が虎杖の能力でないとしても、東堂は記憶の中でアイドルである高田ちゃんに告白しているため、どっちに転んでもそのような妄想をしている頭のおかしい人物であることには変わりありません。笑

芥見先生は「東堂と脹相が記憶をフラッシュバックさせているのは違う理由」という言い方をされています。

また、今回は虎杖の術式ではなかったとの結論となりましたが、明らかに存在しない記憶が脳内に流れている東堂、脹相以外に吉野順平にも同じような存在しない記憶を虎杖に見せられていた可能性があるという考察もありました。

もしかしたら今後、これらの記憶について作中で何か言及がされるかもしれませんね。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる